レイクで断られアコムでお金を借りる

私が消費者金融から借りるキッカケは社員で勤務していた飲食店を突発的に人間関係トラブルで退社したことが理由です。

突発的に辞めて間を開けずに働き場所を探せば娯楽等に使用したカード請求の支払いに支障ないと思っておりましたが、現実三十代後半の私と不景気な時代、すぐに仕事は見つからず。

結局一ヶ月以上穴を開けてしまいました。

カード支払いが払えない状況で悩みに悩み、既婚者でしたが生真面目な亭主にも10万の返済額を言い出せず何とかしなければと考え苦渋の決断で消費者金融からとりあえず返済額のお金を借りることにしました。

最初はレイクの無人契約機に申し込みをしましたが、レイクで借りることは出来ませんでした。

過去に母がレイクでお金を借りていて、その母が病気にて死亡しましたが微妙ながら数万の返済額が残っていたものの、本人死亡と言うことで書類上手続きをして返済はすることがなくなったのです。

その数年後に実の娘が同じ消費者金融で借りる手続きをしましたが身内と判断され許可がおりなかったと思われます。

「お金どこも貸してもらえなかったらどうしよう」と絶望的に無人契約機を後にして次に足を運んだアコムの無人契約機です。

アコムでは10分程度で許可がでて希望金額の10万を借りることができました。

ただ無人契約機と言っても最終的にオペレーターさんと電話のやりとりはあり、勤務場所へ個人名で存在確認はあります。

そこは少し「え・・・」と借金してる?とバレてしまうのでは?と不安やドキドキはありましたが、後日職場の方からは「昨日、○○さんって方から電話ありましたよ」と告げられただけで、特に怪しんでいる状況もなかってです。

アコムでお金を借りられた瞬間の喜びは今でも覚えています。

やはり一度他社で断られてるだけ絶望的と思っただけに本当に嬉しかったです。

その後10万を借りた後、特に借金は増やすこともなく毎月一万ほど止まることなく返済をし続けましたが消費者金融の金利は想像していたよりも高いものでした。

10万を借りても実際は利息と共に15万を返してるような感覚です。

返済しても終わらないような感覚でコツコツととにかく絶対身内にバレないように毎月返済しましたが、やはり生活が苦しい時は1万だけ借りてしまうなど甘い気持ちも芽生えました。

結局返済が全て終わったのは4年の月日が過ぎて、この一万を入れて全て終わると言う最終月。

最後の入金をコンビニで済ませカード解約をしようと家でサイフを開けた時に消費者金融のアコムのカードを落としたことに気づきました。

もし誰かに借りられてしまったら、と震える手でアコムの問い合わせセンターに電話をかけ理由を言いカードの入金と残金のなしを確認して落としたカードは破棄して頂きました。

やはりカードがあると浪費癖のある人間は甘えがでてしまうし、困ったときに頼ってしまうものです。

ですから私自身も消費者金融から二度とお金を借りない為にもサイフに消費者金融のカードは持つべきではないと思いました。

それにしても最後の最後に消費者金融のカードを紛失するなんて自分が情けない限りです。

このページの先頭へ