東京で女の子に貢いだ結果、親から借金

私は30代後半にもなって、親から数十万円の借金をしてしまいました。借金の名目は生活費です。

本当に情けない話だと、自分でも思います。私は昨年、地方から東京へ転勤になりました。それは私にとってはまたとないチャンスでした。

仕事のうえでもチャンスですし、いまだ独身の私にとって、憧れの大東京で将来の伴侶を見つけるチャンスだと思いました。

いざ東京に出てくると、全国ネットのテレビ番組で見たことがあるような景色があちこちに広がり、テンションはすぐにマックスに達しました。

そして東京の女性と会話をしてみたいと思い、キャバクラに足を踏み入れたのが運のつきでした。

私は標準語のイントネーションにメロメロになってしまい、どんどんキャバ嬢に貢ぎ始めたのです。今でこそ、貢いだという認識がありますが、当時は貢いでいるという感覚すらありませんでした。

貢いだ額は100万円、それにより私の生活は立ち行かなくなりました。

さすがにそんなことが理由で借金ができる友人・知人も無く、結局、親のお世話になりました。

このページの先頭へ