母子家庭の急な引っ越しにお金が必要でした

息子と二人、母子家庭でアパートに暮らしていました。

私が仕事で遅くなることもあり、そんな時は一人きりで留守番させていました。

まだ6歳の息子が一人で待っている姿を考えると仕事に集中できず、かといってやっと見つけた働き口を変えるわけにもいかず悩んでいたところ、子猫のもらい手を探す張り紙に目が留まりました。

(子猫を飼えば、少しは息子が寂しくなくなるかも!)

さっそく張り紙の電話番号に問い合わせて、子猫をもらいに行きました。

その日から息子は子猫をかわいがり、学校から帰るなり子猫を探し、私が留守の間の寂しさも紛れたようでした。

しかし実は、住んでいたアパートはペット不可物件だったのです。

大家さんがアパートの掃除をしに来た時に鳴き声を聞かれてしまい「月末までに即刻退去または猫を処分」と言い渡されてしまいました。

即刻と言われても先立つものは無く、今更猫を手放すなど考えられず、困り果てて兄に借金を申し出て引っ越し資金の30万円を用立ててもらいました。

このページの先頭へ